10年そして5年

あの震災から10年

たろくま地方は、人命的な被害は無かったと思う
ご近所でも多少の家屋の被害こそあれ、
せいぜい壁が割れたり、瓦が落ちたり、
家が少し歪んだ程度。
ブルーシートを屋根に張ったりの家はあった。
でも、住めない程では無かった。

地震そのものよりも、
その後のあれこれでの不便のが大変だったかもです。

亡くなられた多くの命のご冥福をお祈りいたします。



そして、その震災から5年。
2016年3月12日
わずか4歳2か月という若さで
お空に旅立ちました。

TK153-044.jpg
この元気な子が、まさか1週間後に・・・・

たった5日間の闘病生活
もう、何がなんだか判らずでした。

でもね、たまにクマちゃんにその面影見せてくれる
背中にチャックがあって、それ開けたら
にゅうたん出てきそうな感じがする。

そのにゅうたんの生前も背中にチャックあった
初代コッカーのPちゃんが居たけどね。

そうやって我が家の子たちは
今いる子の背中チャックからたまに
こっちの世界覗いてるのかもって思う。

お空からではなく、
温もりと共に・・・
重さと共に・・・


お空組の子達
チャックから遊びに来ていいけど
間違っても
連れて行ってはダメだぞ!
お空にお持ち帰りしていいのは
苦痛だの病気だのだけにしておくれ。
そして、お空のごみ箱に病気捨ててきてね。

などと、勝手に思い込むかーちゃでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もなかママ
2021年03月12日 00:02
ホントその通りだね
にゅうたんがお空に旅立った事を友達に聞いたとき
信じられなかった
そして現実を受け入れられないほどショック
もう神様はいないのかって思ったよね
わが家もゆずがお空に行ってもうすぐ2年になります
去年もなかに続いて、小麦も手術した左眼が見えなくなりました
わが家のワンコにとって12歳の壁を乗り越えてほしい、あずきがもうすぐ13歳になります
いろいろ心配事もあるけど、少しでも穏やかに過ごしてほしいね
小麦は、この前避妊手術をしようと開腹したけど、トラブルがありそのままお腹を閉じるというアクシデントに見舞われました
検査結果で悪い物ではなかったけど、またトライするのも不安が大きいわ
暖かくなったらキャンプでもお外でも遊びましょうね
パパさんにもよろしくお伝えくださいね
もも
2021年03月12日 11:54
もなかママさん
ブログ更新が止まってて、どうしてたかな?って思っていたら
なんだか、コロナより大きな波がもなか家襲ってたのね。
12歳の壁かぁ・・・うちのPちゃんも13歳迎える前に逝っちゃったわ。
たろくまにも12歳の壁は超えて欲しい。
ブログの再開お待ちしてますね~。